専門医院でいぼの除去手術を受ける【ダメージ食い止めなめらか肌】

治療の流れを把握

看護師

安全なレーザー治療

顔やデコルテ、頸部と呼ばれる比較的肌が薄く刺激に弱いデリケートゾーンは、衣類の摩擦が生じやすい場所でもあるので小さないぼがポツポツと増えてしまっていると悩んでいる女性は少なくありません。いぼは小さな傷からウイルスが入り込んで感染をしてしまうことで増殖したり、老化により古い角質がきちんと排出されずに蓄積されてしまうことで塊となるなど様々な原因によって引き起こるため、まずは自分のいぼの症状は何が原因なのか確認して適切な治療を受けるためにも皮膚科や美容整形外科で診察を受けることが重要です。市販されているいぼを綺麗にするクリームなどを利用している女性は多いですが、いぼクリームは肌のターンオーバーを整えて古い角質を排出させることで角質化している皮膚を柔らかくし、除去しやすい状態に整える効果があり便利ですが、根本的ないぼの治療にはつながらないため短期間でしっかりきれいな肌を手に入れたいなら液体窒素を利用した治療や、医療レーザーを利用した治療を受けることをおすすめします。通常いぼの治療は、保険で治療が受けられる液体窒素を利用して皮膚細胞を壊死させる方法を利用する場合が多いです。この治療は低温の液体窒素を綿棒などに染み込ませていぼ全体にしっかり当てて皮膚細胞を凍らせ一時的に低温やけどの状態にします。綿棒をあてる際に痛みを感じますが我慢をする必要があります。治療が完了すると壊死した皮膚はかさぶたとなり約2週間ほどで綺麗に除去される仕組みです。ただケアをする際に痛みが伴うことや、当日はヒリヒリとした痛みや赤みが出る可能性があるので、首周りに複数出来てしまっている場合は、一度に治療が行えない可能性もあるため複数回に分けて施術を受ける必要があるため計画的に皮膚科に通う必要が出てきます。そこで注目されているのが、炭酸ガスレーザーを利用して行う治療方法です。レーザーは小さないぼをピンポイントで削りとることが出来る精度があるので、周りの皮膚にダメージを与えることなく施術後の色素沈着による跡が残りにくくなるメリットがあります。また治療にかかる時間もとても短いため何度もクリニックに通う必要がなく、ほぼ一度の来院で治療を完了させることが出来るスピーディーさも多くの方に支持されています。ただ美容整形外科で受けるレーザー治療は保険がきかないため、全て自費で治療を受ける必要があり費用が高額になる恐れがあります。そのため事前にクリニックを確認し総合でいくらかかるかチェックしておくことが重要です。

Back to Top