専門医院でいぼの除去手術を受ける【ダメージ食い止めなめらか肌】

医療機関でいぼ治療

カウンセリング

肌に負担が少ないレーザー治療

ハイネックの服を普段から着用する機会が多い方や、夏場きちんと紫外線対策をせずに首やデコルテを空けて長時間屋外にいる方などは多いです。そんな人は摩擦による刺激や紫外線によるダメージをデリケート部位の皮膚に蓄積させてしまっている可能性が高いです。体の中でも皮膚が薄く刺激に弱い首元やデコルテ、そして顔を中心にイボと呼ばれるプツプツとした小さな皮膚の塊が出来やすくなります。自分自身で除去したり、市販のいぼ治療クリームなどを利用してスキンケアを行っている方も多いでしょう。自己治療は雑菌による炎症を引き起こしやすいですし、クリームによるケアは皮膚を柔らかくして肌を綺麗にすることを目的とするので根本的な治療を行うことは出来ません。そこで、首周りに複数出来てしまったいぼを綺麗に治療する方法として多くの方が利用しているのが、皮膚科や美容整形外科を利用して治療を行う方法です。一般的に皮膚科で行われている保険診療の治療を受ける方法もありますが、いぼの部分に液体窒素を当てて皮膚を壊死させる治療法も人気です。かさぶたにして自然に除去されるまで待つという治療方法なので、肌を一時的に低温やけどさせる事から、治療方法によってはいぼを除去した跡に色素沈着が出来やすくなる恐れがあります。また、いぼの数が多くなると治療にかかる時間も増えるため、数の多いいぼを一気に治療したいと思っている方は液体窒素を利用した治療方法では手間と時間がかかりやすくなるでしょう。もっとスピーディーな治療を行う方法として、美容整形外科で受けるレーザーを利用した治療方法に切り替える事をおすすめします。また、レーザー治療は保険診療外となり、いぼの数によって費用が高額になる特徴があります。炭酸ガスレーザーを利用した治療方法は、液体窒素では治療が困難な難治性のイボや顔面・頚部に多発するイボの治療に効果が高く、一度の来院で頸部に出来た複数のいぼを一気にレーザー治療で除去することが出来ます。サイズに合わせて皮膚のギリギリの場所で皮膚を削り取る方法なので、治療後に起こりやすい色素沈着が起こりにくく、腫れや痛みなども最小限に抑えることが出来るメリットがあります。レーザーは照射威力が高いため、どうしても痛みが伴いますが、治療を行う際には必ず局所麻酔を利用することから施術時の痛みを感じずに安心して治療を受けることが出来ます。また、治療後は患部が赤みが出る場合がありますが、時間の経過と共に腫れは引いていくでしょう。へこんだ皮膚も盛り上がり、元のきれいな状態に戻るのでツルツルの素肌に仕上げることが出来ます。

Back to Top